吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

意外と短い?今がおたまじゃくしのシーズン。

吉祥寺の自然

水温む春、お茶の水下流にある浅場でたくさんのおたまじゃくしが誕生しました。
おたまじゃくしの成体であるヒキガエルは、ふだんは公園や人家の庭先など陸上に住んでいて、産卵の時期になると水深の浅い水辺にやってきます。

浅場に注目!おたまじゃくしたちの春。

産卵から1週間ほどで孵化したおたまじゃくしは、さらに1、2ヶ月で小さなカエルへと姿を変えて水の中から陸上へと生活の場を移します。

今の時期、あちこちで見かけるおたまじゃくしも、5〜6月になるとぱったり見られなくなります。
たった1、2ヶ月の間にえら呼吸から肺呼吸(+α)へ、水中から陸上へ。

日本語の「カエル」のには、卵からかえる、「孵化する」という意味、また、卵からオタマジャクシ、オタマジャクシからカエルと、「姿を変える」という意味も含まれているのだとか。

アズマヒキガエルの成体。立派になって帰ってきてね!

浅場づくりとおたまじゃくし。

日当たりの良い浅場は、おたまじゃくしにとって快適な環境です。もともと、井の頭池の周囲は垂直の岸になっていましたが、「かいぼり」で水を抜いた際に「浅場」を造成したのだそう。

最初に造られた浅場は水深30cmほどで、池底で眠っていた埋土種子からヒメガマなどの抽水植物が芽生えるようになりました。
その後、更に多様な湿生植物が生育できる環境にしていくため、お茶の水池の浅場の中に池底の泥を盛り足して、より水深が浅い場所が造られました。
この浅場に、数多の危機を乗り越えて大人になったヒキガエルが産卵しに帰ってきてくれくるとうれしいですね。

水深が数センチの浅い湿地

かいぼり隊も再始動しています!

かいぼり隊は、緊急事態宣言が開け、4月から活動を再開しています。2020年に追加募集で加わった新メンバーとともに、感染対策をしつつこれまで通り活動されるそうです。
がんばれ!かいぼり隊!

おすすめ記事

you're currently offline