吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

大人も子どもも、誰もが舞台を楽しめる「吉祥寺シアター」へようこそ。

アート&クラフト 吉祥寺シアター

公園のように身近な存在でありたい。

吉祥寺には知る人ぞ知るステキなスポットがいっぱいです。
今回は、全国の劇団から愛されている「吉祥寺シアター」をご紹介します。
2005年のオープン以来、舞台芸術の鑑賞や活動の場としてユニークな取組を数多く行っている「吉祥寺シアター」。
吉祥寺駅北口から徒歩約5分の場所に、カルチャーの発信地があります。

演劇や舞踊というと敷居が高いと思われがちですが、劇場で観る舞台芸術には、演者と同じ時間と空間を共有することで息づかいを肌で感じられる、ライブならではの醍醐味があります。

スタッフのみなさんは、どうしたら「吉祥寺シアター」が地域の方々にとってより身近な、公園のように気軽に立ち寄ってもらえる場所になるか、日々考えているそうです。
若い世代にも演劇や舞踊を身近に感じてほしいと、子ども向けのさまざまな機会も提供されています。

赤ちゃんから大人まで楽しめる。

劇場というと、未就学児お断りの公演も多いのですが「吉祥寺シアター」では、赤ちゃん向けのベイビーシアターや小中学生向けのファミリーシアターなど、お子さま向けの企画を積極的に行っています。
本日は子ども向けの作品の一部をご紹介します。今後も同様の企画が開催されるようなので、要チェックです。

劇場オリジナルのファミリー向け演劇プログラム「吉祥寺ファミリーシアター」が、2018年より劇場の内外で展開されています。未就学児童も一緒に楽しめるプログラムが充実しており、時には乳幼児向けのプログラムまであります。

吉祥寺ファミリーシアター2019ダイジェスト動画

「吉祥寺ダンスLAB.」という劇場オリジナルのダンス企画でも、昨年はファミリー向けの公演を開催したそう。吉祥寺シアターの搬入口を開放し、オープンエアーなスペースをつくりだし、子どもたちが公園で遊ぶようにしながら自然とパフォーマンスが楽しめるような仕掛けが満載の公演でした。

吉祥寺ダンスLAB. vol.3『ぱっぱらぱーく/PAP PA-LA PARK』ダイジェスト動画

「吉祥寺ファミリーシアター」の一環で、小学校での上演を目的に制作された短編演劇作品「紙おしばい『よふかしの国』」の全編をYouTubeでご覧いただけます。
小学校での上演が難しいご時世だからこそ、ご自宅で演劇を楽しんでいただきたいと、昨年の夏から映像を公開しているとのこと。
ぜひご家族で一緒にお楽しみください。

「吉祥寺ファミリーシアターアウトリーチプログラム『よふかしの国』」全編映像

舞台に集中しやすいシアター

「吉祥寺シアター」の劇場としての大きな特徴は、“ブラックボックス”と呼ばれる真っ黒な劇場空間。
壁や床のみならず、手すり等も含めてすべてを黒に統一することで、より舞台に集中できる作りになっています。暗転(照明が全て消えること)したときに、一般的なホールよりも一層真っ暗になるそうです。一度、体験してみたいですね。
劇場の客席は見やすさを重視した段床形式で、 基本定員189名。けいこ場は、基本舞台と同程度の広さを備えているそうです。

シアターカフェ「吉祥なおきち」も併設

一階にはカフェも入っており、コーヒーは注文ごとに豆を挽いて、ハンドドリップで淹れてもらえます。また、グルテンフリーのスパイシーな薬膳カレーも人気です。
時には劇場での上演作品とのコラボメニューが出ることもあるそうですよ。

「吉祥寺シアター」にはワクワクする企画がいっぱい!
今回お話をうかがって、吉祥寺シアターの魅力をたくさん知ることができました。
これからも当サイトで「吉祥寺シアター」の情報を発信していきます。

吉祥寺シアター

住所:武蔵野市吉祥寺本町1丁目33番22号
TEL:0422-22-0911
休館日:毎月最終火曜日、年末年始
詳しくは吉祥寺シアターサイトでCheck!

おすすめ記事

you're currently offline