吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

曇りだったのに、井の頭池だけに雨?数百の水紋の正体は?

吉祥寺の自然 井の頭池のアメンボたち

水面に落ちる雨粒のような円を描いているのは。

梅雨も終盤。今日は1日曇り空で、雨は降らなかったのに、井の頭池の水面には、雨が降っているような丸い水紋が、次から次へと生まれては消えています。
目を凝らして、よ〜く見てみると、何やら黒くて細い物体がスイスイ。
その正体は「アメンボ」。水面の上で、足を動かすたびに丸い波紋が生まれるのです。

井の頭池のアメンボたち

無音で次々うまれる丸い波紋は異次元の魅力。

水の上に浮いて動く忍者のような姿は、1匹見ているだけでも飽きませんが、ここまで大量のアメンボともなると、水面には無数の波紋が生まれ。まるで雨が降っているよう。
「アメンボ」の名前のとおり、くもりの日でも、晴れの日でも、水面を「雨ふりの日」のようにしてしまうアメンボ。
音もなく、水面に次々と丸い波紋が広がるのは美しく、うっとり見とれるほどです。
連休は、井の頭池で目を凝らしてみてください。

おすすめ記事

you're currently offline