吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

1月のテーマは「湧水と井の頭池」。「井の頭ちょこっとウォッチング」の参加費は30円!

吉祥寺の自然 生態工房

1月18日(土)は透明度の高い池を堪能しましょう!

かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖が盛んになりました。再生した水草が群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。
さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
1月のテーマは「湧水と井の頭池」です。

台風による地下水位上昇と湧水出現状況についても解説。

武蔵野三大湧水池の一つである井の頭池は、かつては豊富な湧水を湛えていましたが1960年代に湧水が減少してからは井戸水を補給しています。
湧水は完全になくなったわけではなく、大雨などで地下水位が上昇すると池のあちこちに湧水が出ることが確認されています。
2019年10月の台風の後に湧水量が増え、現在も池の透明度が高い状態が続いています。
透明度の高い池を堪能し、地下水と池の関係を知りましょう。

生態工房

「井の頭池ちょこっとウォッチング」とは?

四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 調査用ワナの引揚げや湿地の整備作業など、水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。

季節ごとに見どころが変わるこのツアー、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。

外来種駆除

参加は当日先着順。9:30に野外ステージ前集合。

場所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日時:1月18日(土) 10:00~11:30
9:30から野外ステージ前にて受付。
少雨実施。

定員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 ※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)

詳しくは東京都建設局サイトでCheck!

おすすめ記事

you're currently offline