吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

8月30日からお披露目。井之頭通り神輿がつなぐ絆。

吉祥寺で開運 吉祥寺秋まつり

ワクチン接種会場で展示し、たくさんの方にお披露目。

「どっこい、どっこい」の掛け声で知られる井之頭通り神輿が、8月30日(月)から9月16日(木)まで、南町コミュニティーセンターに展示されています。
ワクチン接種会場で展示を行うことで、神輿を間近に鑑賞していただき、明るい気持ちになっていただけたらという願いが込められているそうです。

声を掛け合いながら、縄を組み上げます

井之頭通り神輿が作られたのは1989年。丸みを帯びた大きな提灯が特徴で、イエローゴールドと漆の朱と黒のコントラストがあざやかです。

女性たちは提灯を担当

コミュニティーセンターには気心の知れた仲間たちが集まり「元気か〜い」「ここの組み方はこうだったっけ?」と声をかけ合い、なごやかな空気が流れていました。

神輿の展示が完了し、ステキな笑顔の仲間たち

神輿のかつぎ棒は切って調整。

展示されている神輿は2代目。
20年以上活躍している井之頭通り神輿は、5年ほど前に金箔を貼りかえてピカピカに。かつぎ棒も神輿をバランスよく担ぐために、切って調整してきたそうです。
今年、神輿は担がれませんが、神輿を展示したり、備品をよい状態で保管する作業するために、地域の仲間たちが集まることで、自然と絆も深まります。

迫力満点の井之頭通り神輿

お神輿や山車の展示が次々スタート!

毎年9月に開催される吉祥寺の秋の風物詩「吉祥寺秋まつり」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら中止となりました。
しかし、お神輿や山車が各地で展示され、宮大工の技でつくられた美しい芸術を間近で鑑賞することができます。
展示期間中に是非足を運んでみてください。

おすすめ記事

you're currently offline