吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

運気が上がる豪華絢爛さ!祥南神輿の展示は9月12日まで。

吉祥寺で開運 吉祥寺秋まつり

釘1本も使わずに建てられた神輿。宮大工の技は圧巻。

豪華絢爛な「祥南神輿」が丸井吉祥寺店1階店頭に展示されています。
豪華絢爛なゴールドの鳳凰を掲げた神輿は、宮大工集団 中台製作所の手による作品で、完全な神社のミニチュアです。黄金に輝く神輿は神々しく、観ているだけで、運気が上がります。

街の人の情熱から生まれた、神様の依り代にふさわしい神輿。

「祥南」は吉祥寺駅の南側のエリア。
吉祥寺駅から井の頭公園の間にある、吉祥寺南口商店会・吉祥寺パークロード商店会・祥南會で構成されています。地元愛が熱いことで有名なエリアです。

祥南神輿

現在の神輿が登場したのは2019年。
35年間の歴史を刻んだ旧祥南神輿のあとを受け継ぎ、7年間をかけ、地域の商店の気持ちを一つにして完成しました。神輿には「祥南」のこれからの繁栄と、訪れる人の幸せという願いが込められています。

至近距離で神輿を見るチャンス!ご利益まちがいなし!

至近距離で神輿を観ると、宮大工の技術の凄さに惹き込まれます。まるで神社をお参りに来たかのようです。
周囲を柱で囲まれた鳥居をくぐると、階段があり、両側を眼光鋭い龍が見守っています。その奥には鏡が据えられ、天井からは細工の美しい飾りがさがっています。つ一つの装飾が意味のある特別な形であることは、素人が見てもわかり、眺めるだけで荘厳な気持ちになります。

祥南神輿

ダイヤ街神輿は東急百貨店9階に展示中!

ダイヤ街神輿が誕生したのは、昭和62年。
浅草「宮本卯之介商店」の宮本重義氏が手がけた素晴らしい神輿です。
屋根の下から大きくせり上がる蕨手と膨らみを抑えた屋根の形が特徴の三社型(さんじゃがた)で、胴回りの彫刻には極彩色が施され、各部は金と黒の配色で統一されています。二重台輪で重厚さがさらに際立っています。

元町通り山車も展示中!

元町通りの山車は個性的。太鼓の上に鳳凰が羽ばたいています。

お神輿や山車を間近で鑑賞できるのは、あとわずか!

毎年9月に開催される吉祥寺の秋の風物詩「吉祥寺秋まつり」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら中止となりました。
しかし、お神輿や山車が各地で展示され、宮大工の技でつくられた美しい芸術を間近で鑑賞することができます。展示期間中に是非足を運んでみてください。

おすすめ記事

you're currently offline