吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

11月27日(日)参加者募集!「ハンノキ湿地林」再生イベント

吉祥寺の自然

吉祥寺で、まもり育てよう。水辺の自然と生態系。

今年度も、井の頭公園・井の頭池でハンノキ林の保全イベントが実施されます。第1回目は11月27日(日)に開催します。
2019年から開催しているこのイベントでは、ハンノキについて学びながら、林を育てる軽作業をします。参加者の皆様が、がんばって作業してくださるので、毎回大きい成果が出ています。一緒に体を動かして、吉祥寺の豊かな自然を守り育ててみませんか?

絶滅危惧種「ハンノキ」湿地林の再生を目指して。

「ハンノキ(榛の木)」は、東京都で絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
井の頭公園のハンノキ林のような、まとまったハンノキ群落は、都内でも数が少なく貴重ですが、2018年の台風で多くの木が倒木してしまいました。それ以来、東京都によるハンノキ林の再生作業を続けています。

「ハンノキ」は湿地に生えるため、地下水位が上がったとき、保全エリアが湿地になるよう、盛り土をどけて、水域を広くなだらかにしています。
また、台風で倒木した後に萌芽更新した株を育成しており、毎月、草に埋もれないよう除草したり、樹高の記録も行っています。

どんな作業をするの?

保全イベント当日は、湿地に成立するハンノキ林を保全するために、堆積した土を掘ってどけたり、立入防止の簡易柵を直したりします。

今年は梅雨の時期に雨が少なかったものの、9月の長雨でようやく湧水が湧き出し、窪地に水がたまるようになりました。水の湧く範囲が広くなるように、今年も土を掘って、こうした湧水池を広くし、大勢の皆さんの力で、ハンノキ林を回復させましょう!

そだてようハンノキ林

日時:2022年11月27日(日)10:00~12:00
集合:井の頭恩賜公園「ハンノキ林」
9:30受付開始。雨天中止
定員:20名(当日先着。申込不要)
対象:小学生以上(作業は4年生以上向き)
持ち物:作業できる服・靴(池には入りません)、作業手袋、防寒対策。マスクの着用をお願いします。
参加費:1人 30円(保険代)

※当日先着での受付となります。事前のお申込みは不要です。

※体調のすぐれない方は参加をお控えください。またマスクの着用と、密になる状況の回避にご協力ください。
主催:東京都西部公園緑地事務所
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 TEL 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)

おすすめ記事

you're currently offline