吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

井の頭公園に湿地林を再生させる「ハンノキ林の再生」がスタート!

吉祥寺の自然 ハンノキ保全

生きものの棲み家を整備します!

井の頭恩賜公園 お茶の水池の池畔の「ハンノキ林区域」は、都内でも数少ない「ハンノキ林」。
2019年の台風で、井の頭公園内の多くの木が倒れてしまいました。
そこで、生きもの豊かな林の再生するため、湿地林となる「ハンノキ」を保全再生する作業がスタートしました。

ハンノキ保全

「そだてよう ハンノキ林」初の作業イベント開催!

2月から希望者が参加できる作業イベントが開催されます。
地下水位が高く湿潤な場所を好む「ハンノキ」について学びながら、湿地林を育てる、軽い管理作業を一緒に行いましょう!

「しがら柵」で土砂を止める。

「しがら柵」は、木の杭に枝を編み込んで作った簡易な柵のことで、斜面地の土留めに使われます。見た目が自然になじむので公園などで立入防止柵にも使われます。
井の頭恩賜公園では、東京都とボランティアの協働によって池の周りに「しがら柵」が作られています。

ハンノキ

参加者には、井の頭池にちなんだグッズをプレゼント。

開催日時:
2月16日(日)10:00~12:00
3月 7日(土)10:00~12:00
いずれも9:30 受付開始
集合場所:
井の頭恩賜公園 お茶の水池北側「ハンノキ林」
定員:先着20名(事前申込不要)
参加費:30円
*小学生以上(作業は4年生以上向き)
*軍手などお持ちになり、作業できる服・靴でお越しください。
*少雨実施

問い合わせ:
認定NPO法人 生態工房 TEL 0422-27-5634
(イベント当日はTEL 080-5462-2476へ)

詳しくは東京都建設局サイトでCheck!

おすすめ記事

you're currently offline