吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

1月27日(土)。吉祥寺・井の頭公園で「わくわく湧水 ハンノキ林作業の日」♪

吉祥寺の自然

申込不要!みんなで土を掘って、井の頭池の湿地林を再生しよう!

都立井の頭恩賜公園には、都内では数少ない「ハンノキ林」があります。「わくわく湧水 ハンノキ林作業の日」は、台風で多くの木が倒れた井の頭池の湿地林を再生するために、皆さんと一緒に軽作業を行うイベントです。次回は1月27日(土)に開催します。

これまでの保全作業によって湿地林らしく育ってきましたが、まだまだ手入れが必要。堆積土を掘ったり、しがら柵を編んだり。ハンノキについて学びながら、林を育てる作業をしてみませんか。

保全作業で湿地林が再生中。

「ハンノキ(榛の木)」は、東京都で絶滅危惧Ⅱ類に指定されいる、湿地を好む落葉高木です。井の頭公園では、2018年の台風で多くの木が倒れた後に、ハンノキ林の再生に向けた取り組みが始まりました。
保全作業では地下水位が上がったときに保全エリアが湿地になるように、盛り土をどけて水域を広く、なだらかにします。

ハンノキ林は、これまでの保全作業によって湿地林らしく育ちつつあります。台風で倒木したあとに萌芽更新した株を育成しており、毎月、草に埋もれないよう除草したり、樹高の記録も行っています。

ハンノキ萌芽株

どんな作業をするの?

とはいえ、まだまだ手入れが必要なハンノキ林。イベント当日は、堆積した土を掘ってどけたり、立入防止の簡易柵(枝で編んだしがら柵)を直したりします。

寒くて身体が固まりがちなこの季節、体を動かしたらポカポカあったまるかも♪ みんなで作業をして、湧水の湧き出すハンノキ林の環境を再生してみませんか?

わくわく湧水ハンノキ林作業の日 

日時:2024年1月27日(土)
10:00~12:00
集合場所:井の頭恩賜公園「ハンノキ林」※地図参照
集合時間:9:30受付開始【雨天中止】
定員:30名(当日先着・事前申込不要)
対象:小学生以上(作業は4年生以上向き)
持ち物:作業できる服・靴(靴の中に土が入りやすい作業です)、作業手袋
参加費:1人 30円(保険代)
※体調のすぐれない方は参加をお控えください。

集合場所の「ハンノキ林」

主催:東京都西部公園緑地事務所
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 TEL 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)

おすすめ記事

you're currently offline