吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

「ワンハンドおやつ」vol.1〜おかしのいえと7人のこびとたち「桜パフェ」♪

マルシェ&グルメ ワンハンドおやつ

吉祥寺には美味しいものがいっぱい。
このコーナーでは、お散歩しながらワンハンドで食べることができるオススメスイーツやドリンクをご紹介致します。

「おかしのいえと7人のこびとたち」の店名の由来は?

七井橋通りから井の頭公園へと降りる階段の手前を路地に入ったところに「チャレンジショップ創の実」があります。
女性や若者の独立開業支援を目的とした期間限定のチャレンジショップです。

「創の実」に昨年12月から出店している竹内 凜さんは、吉祥寺生まれの吉祥寺そだち。7人兄弟の長女です。
子供のころ、お菓子を作ると兄弟たちが喜んでくれたことが楽しく、お菓子づくりが大好きに。
今回お店をオープンする時も、看板を作ってくれたり、ディスプレイを手伝ってくれたりしてくれた、仲良し7人兄弟にちなんで「おかしのいえと7人のこびとたち」と名づけたそうです。

おかしのおうちと小人たちは凛さんの手づくり

ステイホームでお菓子やさんを始めることに。

2020年4月。コロナの影響で勤めていたベーカリーカフェが休業となり、突然時間ができた凜さん。
自宅の工房前で車のバックドアを開け、簡易的なテーブルを置いて、手づくりの焼き菓子販売をスタートしたところ、毎日完売するほどの人気に。
コロナ禍の大変な時期に、常連のお客様から「毎日にいろどりをありがとう!」という言葉をいただいたことで、お菓子のもつ力を改めて実感したそう。

凜さんはいつもニコニコ。

緊急事態宣言が明け、チャレンジを決意!

緊急事態宣言が明け、もとの職場に戻ることになり、自宅での販売をストップしていたところ、再開はいつですか?という問い合わせが殺到。
そこで月1回だけ、自宅前で販売を再開。待ちかねたファンのおかげで作ったお菓子は次々完売。そんな時、あるお客様から「チャレンジショップ創の実」に空きが出ることを聞き、思い切ってチャレンジすることに。

想いだけでスタート。でも大丈夫。

12月4日から「創の実」をスタートした凜さん。
店舗運営は初心者でしたが「たくさんの方に毎日少しだけシアワセになるようなお菓子を届けるようになりたい」という彼女の想いを実現するため、サポートしてくれる専門家から、定期的にレイアウト、ディスプレイ、店舗運営についてアドバイスがもらい、1つずつ作り上げ、今の店舗が完成したそうです。

春のオススメ「桜パフェ」。

井の頭公園のそばだから、春らしくて美味しい焼き菓子屋さんならではのパフェを作ろうと思ったと凜さん。
トッピングに桜の花とグリーンの葉っぱの焼菓子をあしらい、クランブルは自家製、桜のクリームは、地元の業者さんの桜餡をベースに作っているそう。それぞれの層にこだわりの詰まっているパフェは、フルーティーで軽やかな甘さ。
食べたことのない美味しさが口の中に広がって、感動します!
井の頭池のまわりをお散歩しながら食べると最高ですね。

焼き菓子やパンもオススメ。

「おかしのいえと7人のこびとたち」はパンも絶品!
きび砂糖や国産の小麦粉を使っているから、お子様のおやつにも安心です。
小ぶりのかわいいパンは、毎日食べたいな。もう少し食べたいな。と思う甘さ控えめの仕上がり。

これからも吉祥寺でお店をやっていきたいという凛さん。お散歩のおやつにも、おもたせにも、カフェ利用にも対応できる底力は、お客様からの「毎日にいろどりをありがとう!」という、あの言葉から生まれているのです。

「おかしのいえと7人のこびとたち」

チャレンジショップ「創の実」
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-7
吉祥寺YKビル1階
営業時間:平日 11:00-17:30・土日11:00-18:30
定休日:毎週水曜、第2・第4火曜

詳しくはチャレンジショップ「創の実」サイトでCheck!

おすすめ記事

you're currently offline