吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

サンロードを通って疫病退散!無病息災!

吉祥寺で開運 吉祥寺秋まつり

「サンロード親子神輿」武蔵野商工会館に展示中!

今年の「吉祥寺秋まつり」は中止になりましたが、この難局を乗り越え、来街される皆様に季節感を味わっていただこうと、サンロード商店街のアーケードに祭礼提灯が飾られています!
祭礼提灯の下には、新型コロナウイルス感染症拡大防止をよびかける5種類の幕が掲示されています。

「サンロード子ども神輿」誕生秘話。

「サンロード親子神輿」は9月15日(水)まで、武蔵野商工会館1階の武蔵野観光機構スペースに展示中です。
吉祥寺秋まつりに参加する神輿の中で、唯一子ども神輿を擁しているサンロード商店街。2つ並んで展示されている神輿は、まさに親子。

展示中の子ども神輿は、昔大人が担いでいました。現在のかなり凝った作りの親神輿が平成2年に完成した後に、子ども神輿となったそうです。
親神輿の担ぎ手は200〜300人。子ども神輿は80人の子どもたちが、交代で担ぎます。神輿は子どもには重過ぎるため、大人のスタッフがこっそり担いでサポートしているそうです。
子供たちは鈴を鳴らしながら「ワッショイ」と声をあげ、楽しく参加しています。

「平和通り神輿」の展示も9月15日(水)まで。

アトレ吉祥寺1階のはなびの広場には「平和通り神輿」が展示されています。
神輿のてっぺんには、今にも飛び立ちそうな、勢いのある鳳凰がきらめいています。
眺めるだけで運気も気持ちも上がります!

毎年9月に開催される吉祥寺の秋の風物詩「吉祥寺秋まつり」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら中止となりました。
しかし、神輿や山車が吉祥寺各所で展示され、宮大工の技でつくられた美しい芸術を間近で鑑賞することができます。
神輿を間近で鑑賞できるのは、あと数日。展示期間中に是非足を運んでみてください。

おすすめ記事

you're currently offline