吉祥寺オフィシャルサイト

吉祥寺.me

薪能のチケットは8月1日発売!チケット購入は今なら間に合う!

イベント 薪能

発売から10日間ほどで完売する「薪能」の魅力は?

今年で33回目を迎える「月窓寺 吉祥寺薪能」のチケットが8月1日から発売となりました。毎年発売から10日程度で完売する人気のイベントです。吉祥寺駅からわずか徒歩数分の月窓寺の境内で伝統文化に触れるチャンス。
能舞台のまわりで篝火を炊く幻想的な空間で鑑賞する「薪能」。
昨年はあいにくの雨で、会場が武蔵野市民会館に変更になった薪能。今年は月窓寺の境内で鑑賞したいですね。

人間国宝 野村万作と野村萬斎の親子共演は見逃せない!

野村万作・野村萬斎の親子共演は貴重。1年以上前からスケジュールを合わせて実現した舞台です。
博物館で展示されるような、素晴らしい衣装や、時代を越えて受け継がれた楽器にも注目です。

吉祥寺薪能

今年の薪能の演目は?

狂言「萩大名」(はぎだいみょう)
土地の訴訟のために長らく在京している、無教養で無風流な田舎大名が、退屈のあまり宮城野に今を盛りの萩を見物に行くが、庭の亭主が風流者で、大名に歌を読むことを所望する。
歌の読めない大名に太郎冠者は歌を教え助けるが、覚えの悪い大名にあきれて途中で姿を隠してしまう。さて一人になった大名は・・・。
出演:野村 万作、野村 萬斎、飯田 豪

吉祥寺薪能

能「清経」音取(きよつね・ねとり)
都で静かに夫の帰りを待ち続ける平清経の妻のもとに、家臣の淡津三郎が駆けつける。源平合戦により平家一門は都落ちを余儀なくされ、その行く末を悲観した清経が入水の末、果ててしまった最期の様を知った妻。その夜、妻の枕元に清経の霊が現れる。そして・・・。
出演:友枝 雄人、佐藤 寛泰、室生 欣哉

会場は吉祥寺駅からわずか徒歩数分「月窓寺」境内

吉祥寺薪能
令和元年10月3日(木)
16:30開場、17:15開演。19:20ごろ終了予定。
ところ:吉祥寺「月窓寺」境内
雨天の場合:武蔵野市民文化会館にて蝋燭能

薪能会場

チケットは「武蔵野市観光機構」「チケットポート」でどうぞ。

「吉祥寺薪能」前売券(全席指定)
A席 4,000円 B席 3,000円
*電話での予約はできません。

武蔵野市観光機構
吉祥寺LOFTの北側にある商工会館の1階。
営業時間:9:00〜18:00
TEL 0422-23-5900

ぴあステーション チケットポート
アトレ吉祥寺東館B1階
営業時間:10:00〜21:00
TEL 0422-22-2348

おすすめ記事

you're currently offline